2018.12.09

アーシング・グラウンディングをやっている!

目的:身体に蓄積している過剰な電流を放電して、様々な身体的不具合を解消しよう!

1)素足で地面に立つ、歩く
所要時間は好きなだけ。
芝生の上だと足の裏が汚れません。
放電するためには、ゴム底の靴はNGでしょう。
アスファルトやコンクリートの上でも、それなりに放電されます。

2)アーシング・グッズをDIYして活用
ホムセンでアース線、100均で鰐口クリップとアルミニウムの天ぷらガードを買い、銅製の水道管かコンセントのアース端子に接続。
バスタオル等にはさんでシーツの下に敷いたり、普段足を置く場所、例えば机の下等に設置。
銅製の水道管やアース端子が無く、一軒家の場合はホムセンでアース棒を購入し、敷地内に差します。

天ぷらガードは0.3mm程度のため、広げて使うと、やがて複数の破片に割れてしまいます。
せめて2枚に重ねるか、ずっと長く使いたければホムセンで適当な金属の網(目の細かい物)を入手。
絶縁テープは100均でも購入可能。

3)グッズのアレンジ

100均の園芸品コーナーにある、害虫よけの銅製テープを使ってリストバンドや足首に巻くバンドを自作。
シーツの下のみならず、枕カバー用も便利。
絨毯やラグマットの下に敷く。

作り方とアレンジは以上。
放電されると、深夜寝付きが良くなったり、起床時の重たい頭痛が緩和されたりします。
一時的に好転反応が出て、体調が悪化する人もいるようです。
自分の環境や体調に配慮しつつ活用しましょう。

| | コメント (0)

2018.12.07

脳をこっそり調教する

官能小説を毎日書いていると、それ系のことに関する感覚が麻痺する。
逆に、しばらく書かずにいて、急に書こうとしたり、書き出したりすると、照れて書けなくなったりする。

その辺の肉体的な、あるいは(なおかつ?)心理的な仕組みは、恐らくスポーツや運動機能とちょっと似ている。

言う人に言わせれば、脳は新しい事を受け入れるのが苦手らしい。
決まり切ったこと、既に習得していることをやるのは得意だけれど、改めて何かしようとすると、駄目になる。
手が出ない。(脳だしw)
やる気にならない。
変化を受け入れたくない。
やりたくないっつってんだろぉ?!

そんな感じらしい。

やりたくないことをやらねばならない時は、「やりたくない」という気持ちを無視する。
そして淡々と作業だけをこなす。
そうすれば大丈夫。
大掃除でも、何かの電話でも、メールでも。

それは、エピソード記憶から思いついた。
捨ててもいいものを捨てられないのは、その物に何か記憶があるせい。
他人から見れば、薄汚れてボロ雑巾のような縫いぐるみでも、所有者は「xxさんからもらったから」と捨てられない。
だが他人にはそんな記憶は無いので、縫いぐるみを簡単に捨てられる。

同様に、やりたくないことは、「やりたくない気持ち」を無視して実行する。

まぁ、誰でも、どんなことでも、やりたくないことは、やりたくないですけどね。
さっさとやらなきゃ、いつまでたっても、「やりたくないなぁ」と嫌な気分を引きずるわけで。

あとはもう、終わった時の達成感を前倒しで想像しておき、それを味わう瞬間を脳裏に描きつつ……かなぁ?
結局のところ、いつスッキリするかを決められるのは、自分なのです。

| | コメント (0)

2018.12.06

たまにここに居ない

小説を書き始める。
パソコンに向かっていない時も、小説のことを考えている。
そういう時は、「ここ」にいない。
魂ここにあらず。
どこか別の場所にいる。
軽く幽体離脱しかけて、肉体からズレているかもしれない。
さすがに運転中は危険なので、ズレるのは自宅の中や、運転していない時に限る。

| | コメント (0)

2018.12.05

【朗報】私は大きな変態だった!

久しぶりに長文のスパムが来て、しかも朗報が含まれていた。
思わず鬼の首でも取ったような勢いでちょっとまとめる。

ちなみに、この記事にタイトルを付ける時、【悲報】かなぁ? と思ったけれど、ある人々は、好意を持つ相手に対しては、ある程度(もしくは時々)変態だよね、と思ったので、【朗報】にしてみた。
(知り合い以外の誰かに変態なのは違法です。たぶん。自信無いけど)

スパムを簡単にまとめると、「あなたのアカウントを乗っ取り、全個人情報を取得。その上でこんなことを思いついた」とのこと(以下抜粋して転載)。

私は言う - あなたは大きな変態です。 無限のファンタジー!

その後、アイデアが私の頭に浮かんだ。
私はあなたが楽しんでいる親密なウェブサイトのスクリーンショットを作った (私はあなたの喜びについて話しています、あなたは理解していますか?).
その後、私はあなたの喜びの写真を作った (あなたのデバイスのカメラを使って). すべてが素晴らしくなった!

あなたの親戚、友人、同僚にこの写真を見せたくないと強く信じています。
私は$517が私の沈黙のために非常に小さいと思う。
それに、私はあなたに多くの時間を費やしました!

転載ここまで。
「喜びの写真」を作るのに時間がかかったので、517ドルをビットコインで払え、とおっしゃる。

他人のオペレーティングシステムをハッキング(違法)し、個人データをフルで抜き取り(違法)、しかも閲覧しているサイトや本人の画像を使って「喜びの写真」を勝手に作り、ウィルスやトロイの木馬を探して駆除しないでね、と言い張り、お金を振り込むよう要求する。

いいか、よく聞け。

支払う前に、その喜びの写真とやらを、見せなさい。
それが無理なら、せめて見本を提示しろ。
せっかく入金したのに、粗末な出来では納得出来ない。

等々考えながら、今ほのぼのとしています。
スパムの送信元メルアドにruが含まれていて、発信元がロシアっぽいのだけど、「大きな変態」の原文はどんな単語だったんだろう?
英語でも、ちょっと思いつかない。
しかも、近頃は、外国でもHentaiという言葉が一人歩きしているような気がする。

2018年12月7日追記:
別のメルアド宛に同様の内容で723ドルの請求が来た。(値上がりしてるw)
「大きな変態」は、"you are a BIG pervert". だった。
こういう場合、日本語だと、メールをhtml形式にして、太文字に装飾しなければ、「大きな」が強調されないのが残念ですね。

| | コメント (0)

2018.12.04

集中力との戦い

有名な某ベストセラー作家に言わせれば、毎日決まった時間に机に向かい、執筆するクセをつけるといいらしい。
とは言え、実際にはそれが不可能な環境にいる人もいる。
しかも気が散りやすい人もいる。

私は小さい頃から気が散りやすいと教師達から言われてきた。
今でも気が散りやすいし、何かしら執筆中でも、それは同様。
自分でも自覚があるので、時々しっかり対策する。

例えば、空腹にならないように、ある程度食べておいたり、食事の時間が近ければ、食べ終わってから執筆する。
用事を済ませたり、やることをやっておくのも有益。
何かを思い出し、気が散り、集中力が無くなるのだから、その要因になりそうなものを撤去しておく。

あるいは、執筆中に気が散ったなら、そのままパソコンの前を離れて、何か別のことをする。
それをしながら、小説のことを考え続ける。

執筆中に気が散るのは、話が前に進まなくなったのが原因の時もあるので、原稿を「広げっぱなし」にして、違うことをやればいい。
そして机に戻ったら、一行か二行、あるいは書きかけの最後の部分を少し削って、また書き始める。

執筆は機械作業ではないので、中断しても自分を責めない。
もちろん、一日に10ページ、といった具合に自分にノルマを課したり、それを目標にして頑張るのは良いことだけど、足かせを自分で付けたせいで、それに振りまわされたり、重荷に感じたりする必要はない。

集中力も、必要な時だけ発揮して、あとはダラダラしてもいい。

| | コメント (0)

2018.12.01

嗅覚と匂い

嗅覚の感受性には個人差がある。
人によって、嗅ぎ分けられる匂いと嗅ぎ分けられない匂いがある。

他人の匂いに関して言えば、個人的に、腋臭のような匂いが苦手だ。
相手は人間なのに、獣のような匂いがすると、鼻を一発殴られたような感覚を覚えて、どうにもならなくなる。

さほど混雑していない電車で座席に座った時、隣の若い男性からすごくスパイシーな匂いを感じて当惑した。
どうすればあんな匂いが出るようになるのか、想像もつかなかった。

かと思えば、汗をかいても、ほとんど匂わない人もいる。
自分が汗をかいている時は、条件次第で「匂ってるかも?」と自覚することがある。
ある人は「恋人の匂いが懐かしい」と言う。

異性と遭遇した時、相手の匂いが自分にとって心地よいかどうか、本能的に探る時もある。
「この匂いは駄目だ」と思ったり、好意的に感じたり。

バスで隣に座った若い女性からシャンプーかコンディショナーの匂いが出ていて、不快に感じたことがあった。
本人や製造業者、複数の購入者にとっては、いい匂いなのかもしれないけれど、私には駄目だった。

匂いって面白い。
自分がそれを受け入れられるか否かは、何らかの防御反応、防御システムの一環なのかもしれない。

結論を言えば、自分にとって駄目な匂いは、どうしても駄目だ。
受け入れられない。
そして受け入れなくてたぶん正解。

| | コメント (0)

2018.09.19

【スパム】アカウントの問題

知らない人から「PCをハッキングして秘密のビデオ記録を見つけたよ!」と連絡が来たw
ちょっと震えた(少し笑ったので)。

著作権表示が無いので、一部(・x・)ピー音をかぶせてご紹介します。
送信者は「今後気をつけてね!」と言ってくれる、実は親切な人ですw

ちなみにうちのPCはカスペルスキーインターネットセキュリティを導入中。
毎日適宜、定義データベースが更新される上に、自分でも何度か必要に応じて更新します。
トロイの木馬に限らず、怪しいサイトはブロックしてくれます。
(ステマじゃないよw)

タイトル:
アカウントの問題
読んだ後に電子メールを削除!
セキュリティ警告

メール本文:

こんにちは、(・x・)ピーの親愛なるユーザー。
あなたのデバイスに1つのRATソフトウェアをインストールしました。
この瞬間、あなたのメールアカウントはハッキングされています(今、私はあなたのアカウントにアクセスできます)。
あなたのシステムからすべての機密情報をダウンロードしました。私はいくつかの証拠を得ました。
私が発見した最も興味深い瞬間は、あなたのマスターベーションのビデオ記録です。

私はポルノサイトに自分のウイルスを投稿し、それをあなたのオペレーティングシステムにインストールしました。
ポルノビデオの再生ボタンをクリックすると、その瞬間に私のトロイの木馬があなたのデバイスにダウンロードされました。
インストール後、フロントカメラは自慰行為のたびにビデオを撮影します。さらに、ソフトウェアは選択したビデオと同期します。

今のところ、ソフトウェアはソーシャルネットワークと電子メールアドレスからすべての連絡先情報を収集しています。
収集したすべてのデータを消去する必要がある場合は、BTC(暗号化通貨)で550ドルを送ってください。
これは私のBitcoinウォレットです: (・x・)ピー
この手紙を読み終えてから48時間経っています。

あなたの取引後、私はあなたのすべてのデータを消去します。
さもなければ、私はあなたのいたずらを伴うビデオをあなたのすべての同僚や友人に送ります!

そして今後はもっと注意してください!
唯一の安全なサイトにアクセスしてください!
さようなら!

| | コメント (0)

2018.09.14

無事に届く

先月末、ネット通販した商品が、2週間後に届いた。
個別番号がわかっていたので、時々追跡していたのだが、どうやら主に関西方面を直撃した台風の影響らしかった。
その荒波を乗り越えた後で、もしかすると北海道での地震が影響したかもしれない。

荷物が引き受けられて以降、もしかすると荷送り人に戻ってしまうのではないかと少しハラハラしたが、無事に届いて本当に良かった。

日本以外の国や地域では、郵便物や荷物が相手に届かないこともあるらしい。
今の所、私自身は何かが紛失したことは無かった気がする。
(誰かが送ってくれたのに、受け取っておらず、発送されたことを知らなければ、途中で無くなってもわからないけれど)

荷物も郵便も、絶対届く。
ここはそういう国、そういう地域で、ここに居られて本当にありがたい。

いつもありがとうございます。

| | コメント (0)

2018.09.13

情報が無い人々

近所に80歳前後のご夫婦が住んでいる。
停電が解消した後、たまたま奥様と話をする機会があった。

停電中はラジオを聞いていたという。
それでも、近所のどこに避難所があるか知らず、食料は地震前に買っておいたものを食べているという。
ローカルバスが一時期運休していて、ようやく再開されたことも知らなかった。

インターネットも使っていないとのことで、恐らく今は主にテレビから情報を入手しているようだ。
(新聞は購読しているか否か不明)

このご夫婦の所には、地震前のいつの日か、町内会かどこかから、「人が来た」とのことだが、地震後は誰も来ていないとのこと。
どうやら、独居老人の所へは、誰かしら役員等が時々見回りに行くらしいが、2人以上になると、見回りをしないらしい。

それって特に問題ないのか?
せめて両隣の「隣人」くらいは、声をかけてあげた方がいいのでは? と思うに至った。
近所を何となく見ていると、普段は離れた場所に住んでいる子供や孫が一時的に戻ってきたりしていた。
身内が遠く離れた場所に住んでいる人達は、そうはいかない。

近所に住む人達のことを、事細かに知っているわけではないけれど、高齢者のことは、何となく頭の隅に置いておいてもいいかな、と思う。
インターネットを使っていれば、壊れたガラスや瀬戸物の特別回収等、臨時的な情報が入手しやすい。
とは言え、ネットしていない人もいるし、全ての情報が回覧板で回ってくるとは限らないので、それなりに注意や配慮が必要だろう。

| | コメント (0)

2018.09.12

電気と水道

拙宅は約2日、停電になったが、上下水道は最初の地震以降、ずっと使用可能の状態。

日の出前に地震が起きた時、DIYで作った扉の無い固定していない棚から全て物が落ちて、大変なことになった。
ドライフルーツを洋酒に漬けた瓶が複数割れて、液体や固体が少し散乱した。

それらをよそに、とりあえず蝋燭に火を付け、18リットル入りの焼酎ボトルと二層式洗濯機に水をためた。
半年くらい前に断水になった時、上水道が使えなくなり、一時的にトイレの水を流せなくなったからだ。

万が一断水になっても、給水車が出るまでの間、飲み水があれば、何とかしのげる。
そうも思った。

水を保存した後で二度寝し、次に起きた時も上水道は使用可能で、普段通りの水圧で水が流れた。
断水になった時は、ある程度水を持っていて、調理が出来ても、「蛇口から出てくる水」が無いので、食品や使用した食器を洗うことが出来ない。
手を洗うのも少し面倒。

そういう経験と、2日近い停電を比較して、「どうしてもどちらか片方」と言われたら、水道が使える方がいいと思った。
朝が来れば明るくなるので、電気は何とかなるけれど、水だけは、雨を待つわけにもいかず、どうにもならない。

とは言え、間違い無く水道も電気も大切だ。

| | コメント (0)

«都市ガスとプロパンガス