2017.08.05

見えない敵と適当に戦う

たまに、××の広告が、どうにも耐えられないので、無料配布の広告ブロッカーを次々と入れてみた。
それでも、最近、中の人がシステムを変えたらしく、広告が表示される。

ブロッカーを5つ以上入れたら、競合し合って、特定のブロッカーにシャットダウンさせられるものが出てきた。
なのに広告は表示され続け、おまけにフォローしている人が載せた画像が閲覧不能になった。

たぶん、ブロッカーも××の広告表示システムも、開発の追いかけっこをしているはずだ。
どっちが追いつくことも無いし、追い越すことも無いだろう。
そしてユーザー側は、追いかけっこを観戦しつつ、自分達もそれに混ざって経過を楽しむ。

なんてことを書いていて、どこかの国の牛追い祭りを想起しました。
くれぐれも事故の無いように楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

2017.08.04

食中毒に気を付けましょう

一般に、ノロウイルスは、感染している二枚貝(牡蛎等)を加熱不十分なまま食べたり、感染者の嘔吐物や排泄物から二次感染すると言われている。
食中毒が発生した場合、感染者を診察した医師は早急に保健所へ届け出る必要があり、保健所では感染源をつきとめて再発防止に努めます。

食中毒の症状は様々だけれど、調理担当者や調理した者を持ち運ぶ従業員の体調が悪そうな店は避けた方が賢明かもしれない。
逆の言い方をすれば、調理担当者や飲食物を扱う従業員の体調が悪い時、衛生責任者は、その人達に仕事を休ませた方が無難だ。

想像してみて欲しいのですが、食中毒に限らず、インフルエンザや風邪の症状が出ている人が、適切な治療をせぬまま店頭に立ち、盛大にクシャミをしたりすれば、疲れたり何らかの理由で身体が弱っている客が感染して体調を崩す、ということもありえます。

食中毒の症状で、今私が簡単に思い出せるのは、「下痢、発熱、嘔吐」で、食中毒の種類によって、「感染から発病までおよそ何時間後」など、症状の出方も異なります。

食中毒かな、と思ったら、早期受診、治療、二次感染予防が必要です。

| | コメント (0)

2017.08.03

ぶりっ子ぶってカマトトぶるw

「ぶりっこ」も「カマトト」も、死語じゃないかと。(お盆だから、いいか)

少なくとも1年以上、官能小説の未完原稿をいじくり回している。
たまに思い出して赤入れしたり、PC上で加筆修正する。
毎日やればいいのだけれど、出来ない。 \(^o^)/

最近、久しぶりに原稿を開いたら、モロにそういうシーンの「最中」だったので、一目見て、「きゃー!」と叫んで画面を閉じた。

「官能小説を書く」という仕事もあることだし、仕事は仕事なのですが、頻繁にやっていないと、どうしても照れるわけです。
内容自体もそうだし、そういうこと(?)をしているという事実も照れる要因になります。

つべこべ言わずにやれよ、と思います。

でもホントは、「一気に書き上げる」のが好きで、修正は嫌いなんだー!ヽ(`Д´#)ノ
修正するくらいなら、没にして違う原稿を書き始めた方が楽なんだけど、そういうわけにもいかないんだー!

でもまぁ、やります。

やり始めれば、軌道に乗るのかなぁ? 少しずつでも。

| | コメント (0)

2017.08.01

背景事情なんか知らない

某社にメールで問い合わせをし、24時間以上返事が無い。まるで屍のよう。

でも実は、問い合わせをした件に関して、メール送信後に、「やっぱり無理。先方から断って欲しい」と思うようになってきた。
前言撤回ってやつだ。

だから、返事が来ない状況にホッとしていると同時に、「そのうち返事が来るんだろうな」という小さな不安がある。

某社は、私の問い合わせに対して、積極的に動くつもりは無いと思う。
例えば、この件で、1億2億といったまとまったお金が某社に入るなら、某社はきっと、「下には置かない」。
業務時間終了後だろうが、会社で規定の休日だろうが、猛烈な勢いで動いてくれるんじゃないかと思う。

でもそれが、10万かそこらの収入にしかならないなら、問い合わせメールは「下に置きっぱなし」で、とりあえず、高収入が得られる仕事を優先するよ!

なんてことを、今ちょっと想像してる。
メールの返信がすぐ来るのも、遅れて来るのも、全く来ないのも、全てその背景に何らかの事情がある。

実は私も、「1円にもならないけれど、自分の暮らしが少しは改善されること」に対するメールを某社に対して送っていない。
「書かなきゃ!」と毎日頻繁に思うんだけど、それに関与する別の企業にも問い合わせをせねばならず、都合、2通のメールを出す必要があるので、超面倒。

「企業宛にメールを書く」というのは、単なる作業で、個人的な能力では可能だ。
その単純作業に、「面倒臭い」という感情が付随している(とか、格好付けて書いてる場合じゃ無いYO?)。

どんな事にも、大抵感情が付随して、そのせいで、やりやすかったり、やりにくかったり、やれたり、やれなかったり。
その「負の感情」を押しのけ、ねじ曲げ、見ないようにしつつ、気にせず、単純作業だけ成し遂げられるといいと思います。

やれよ、自分。 って感じです。・゚・(ノД`)・゚・。

| | コメント (0)

2017.07.31

ありがとうドナドナ!

レタパライトで原稿を発送した。
飛行機に乗るのかと思ったら、陸路だったらしく、早朝首都圏に到着した。
ありがとうドナドナ!と思った。(日本郵便さんもありがとう!)

でもまぁ、身売りしたわけじゃなく、営業に行ってもらってるだけだから!
ホントにホントの意味でドナドナじゃないから! ←強調

時を同じくして、なぜか、もう終わったと思っていた話題で、昔取引のあった出版社からメールが来た。
既にもう、「縁が切れたんだな」と考えていたから、念押しのように、同じことを繰り返されたような気がした。

うん。知ってるよ。

これはもう、新しい船に乗り換えろってことだね。
ドナドナでもいいけど。

余談ですが、「日本郵便」って書いてみたら、なんだかすごく字面が格好いいなぁ、と感じました。
「ゆうちょ銀行」は、たぶん「郵貯」という字が弾かれたんだと思うけど、平仮名使いが気に入らない。
「ゆうちょぎんこう」という音は気に入ってる。

「日本郵便」という字面は格好いいね。
「日本」という言葉がいいのかもしれない。
誠実で、安心できる感覚?

「クロネコヤマト」は、カタカナで続けて書いたり、続けて発音するのが好きだな。
実際には、「クロネコさん」と呼んだりするけど、「クロネコヤマト」って続けて読むと、ちょっと不思議で、洋風の香り?がする。
カタカナのせいかも。外来語とか、和製英語のような。

佐川さんは佐川さん(笑)。
後は余り馴染みがありません。悪しからず。

前にも書きましたが、私は、荷物も手紙も間違いなく届く国、地域に住んでいます。
いつもありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2017.07.30

ChromeのUpdateファイルを削除した

気がつけば、いつの間にかChrome画面右上に人型上半身のアイコンが出るようになっていた。
誘導に従ってログインすると、メルアドの一部やアカウント名が勝手に表示されて非常に不快だ。
PCは主に自宅で使っているが、それ以外の場所で使うこともあるので、万が一何かの折に、そのへんを第三者に見られると嫌だ。

そこで、ユーザー関連のシステムを根絶する方法をググった。

chrome://flags/ からアバターがどうしたこうした、というのは情報が古くて使えなかった。

仕方が無いので、今使用中のChromeを削除し、自分が持っているChrome exe ファイル(バージョン 52.0.2743.82 m (64-bit))をインストール。
自動更新されないように、以下のUpdateフォルダを丸ごと削除。

C:\Program Files (x86)\Google\Update (この中にGoogleUpdate.exeあり)

Updateファイルは、削除中、「出来ないよ!(意訳)」とかなんとか、苦情を何度も言ったけれど、途中で再起動した後、全削除完了。

その後、ユーザー名には、全角スペースを入れて利用。
Chrome側から以下の警告が出ますが、特に問題無く使用中。

更新の確認中にエラーが発生しました: 更新チェックを起動できませんでした(エラー コード 3: 0x80040154 -- system level)

このせいで不具合が出るか否かは、これから確認していきます。

以上参考まで。

| | コメント (0)

2017.07.29

緊張しつつ

一縷の望みの一縷って誰ー?!>(゚Д゚*)

官能小説ではないのだけれど、出版関連の仕事がしたくて、今日は見本原稿に赤入れをしていました。
既に略歴や書類送付用の「鏡」は作成済。
その原稿の赤が入った部分をもう一度修正したら、全部印刷し、封筒に宛名を書き、ポストに入れたら応募完了!

その流れは、昔からやっていることなので、問題ありません。
でも、相手は初めて接触する出版社のため、少し緊張しています。
なおかつ、仕事としては、イレギュラーな文字数(簡単に言えば文庫1/2以下)なので、「ダメ元」の気分です。

それでも、達成感や、「他者への何らかの働きかけ」をやった! という事柄が欲しいので、ダラダラと時間がかかりつつも完成しそう。

物事って、小さな達成感の積み重ねによって、どんどんはかどることがあります。

今私は、自分の人生を、底からすくい上げて、全部引っ繰り返すくらいの勢いで変えたいんだけど、長期に渡って強く望んでいる割には、特に何も変わらないので、「とりあえず、ダメ元から始めましょう!」みたいな気分。

「ダメ元」もそうだし、「何もしないよりはマシ」というのもあるよね。
(「何もしない方がマシ」もあるけど!)

大抵、打てば響くし、響かなかったら、ぬかに釘打っちゃった、ってことよね。
暖簾に手押しでもいいけど。

| | コメント (0)

2017.07.28

%Temp%でクリアにする

一太郎とカスペルスキー先生の相性が悪かった頃、Justsytemの公式サイトで、「%Temp%」の使い方を知った。
「ファイル名を指定して実行」に「%Temp%」と入力して開いたフォルダ内のデータを全部削除する。
Justsystemは「Lowフォルダ以外を削除」するよう勧めているが、これも削除は可能だった。

毎日ではないけれど、ie11閲覧終了間際にキャッシュをクリアしても、Tempフォルダ内には何らかの不要なデータが残るので、好きな時に%Temp%でそれらを綺麗にしている。

特に「何かが速くなった!」等々、肯定的な反応は感じていないけれど、「削除する」という行為がスッキリ感をもたらすことが個人的に有益だ。

ちなみにchromeもキャッシュフォルダにすぐアクセス出来るようにしていて、たまに内部を完全に綺麗にする。
ChromeはFBの閲覧後、キャッシュフォルダにもの凄い数のデータが残るので、これも個人的に有益な気分。

話を冒頭に戻すけれど、恐らく、一太郎とカスペルスキー先生は、未だに仲が良くないんじゃないだろうか?
未確認だけど、今後も、当分の間は、PCをリカバリやリフレッシュしたなら、先生を優待する前に一太郎をお招きするつもりです。

| | コメント (0)

2017.07.24

顔本が気持ち悪いと思う点

例えば、ChromeでAdobeの公式サイトを検索したり、閲覧したりする。
するとその直後から、顔本にAdobeの広告が表示される。

それがすごく気持ち悪い。

顔本でAdobe関連のページを見たりしたならともかく、Chromeという共通の「土台」で見ただけなのに、顔本がそれを察知し、「あなたがやってることを知っていますよ」的にそれを知らせてくる。

どうしてああいう、「あなたのやってることバレバレですよ」的なことが出来るんだろう?
「やられる方の身になってみろ!」と思うけど、実際やってるのはシステムだから……。
でもシステムを作ってるのは人間だから、作ってる人に言いたい。

あれを便利だと思うのは広告主と顔本の中の人達だけで、利用者の何割かは気持ち悪いと思ってると思うよ!
個人的には、プライバシーの侵害だと思ってる。

もちろん感想には個人差がありますw

| | コメント (0)

2017.07.22

切れてますよ!

片道60kmを運転して近隣都市まで行ってきた。
帰路で、すぐ前の乗用車のストップランプが片方切れていた。
教えてあげたい気がしたけれど、既に知っているかもしれないし、それをすると怒り出すかもしれない。
何より、信号待ちでお互い停車した時、突然後ろの車の運転手が車を下りてきて近付いてきたら、気持ち悪かったり、怖かったりするんじゃないかと想像した。

結局何もせずに帰宅してから、そういう場合に教えて欲しいか否かを検索してみた。
予想通り、肯定的な意見と否定的な意見が出てきた。
中には、両方共切れてる車に遭遇した話もあった。

恐らく、道路上ではなく、どこかの駐車場等だったら、近付いても怖かったり気味悪かったりしないかもしれない。
あれはもう、場所の問題だ。
こっちは成人女性なので、見知らぬ男性が突然近付いて来るよりは、恐怖感が薄いだろう。

ストップランプは、ランプ自体が切れる時と、いわゆる電気系統のどこかに不具合が生じて切れる時があるらしい。
ランプが切れた時は自分でも交換出来て、修理工場へ持ち込むよりも安上がりらしい。
うちの愛車は今まで一度もランプが切れたことが無い。
今回のことでランプのことが少しわかって、勉強になりました。

| | コメント (0)

«ボサノバになって(笑)