2018.09.19

【スパム】アカウントの問題

知らない人から「PCをハッキングして秘密のビデオ記録を見つけたよ!」と連絡が来たw
ちょっと震えた(少し笑ったので)。

著作権表示が無いので、一部(・x・)ピー音をかぶせてご紹介します。
送信者は「今後気をつけてね!」と言ってくれる、実は親切な人ですw

ちなみにうちのPCはカスペルスキーインターネットセキュリティを導入中。
毎日適宜、定義データベースが更新される上に、自分でも何度か必要に応じて更新します。
トロイの木馬に限らず、怪しいサイトはブロックしてくれます。
(ステマじゃないよw)

タイトル:
アカウントの問題
読んだ後に電子メールを削除!
セキュリティ警告

メール本文:

こんにちは、(・x・)ピーの親愛なるユーザー。
あなたのデバイスに1つのRATソフトウェアをインストールしました。
この瞬間、あなたのメールアカウントはハッキングされています(今、私はあなたのアカウントにアクセスできます)。
あなたのシステムからすべての機密情報をダウンロードしました。私はいくつかの証拠を得ました。
私が発見した最も興味深い瞬間は、あなたのマスターベーションのビデオ記録です。

私はポルノサイトに自分のウイルスを投稿し、それをあなたのオペレーティングシステムにインストールしました。
ポルノビデオの再生ボタンをクリックすると、その瞬間に私のトロイの木馬があなたのデバイスにダウンロードされました。
インストール後、フロントカメラは自慰行為のたびにビデオを撮影します。さらに、ソフトウェアは選択したビデオと同期します。

今のところ、ソフトウェアはソーシャルネットワークと電子メールアドレスからすべての連絡先情報を収集しています。
収集したすべてのデータを消去する必要がある場合は、BTC(暗号化通貨)で550ドルを送ってください。
これは私のBitcoinウォレットです: (・x・)ピー
この手紙を読み終えてから48時間経っています。

あなたの取引後、私はあなたのすべてのデータを消去します。
さもなければ、私はあなたのいたずらを伴うビデオをあなたのすべての同僚や友人に送ります!

そして今後はもっと注意してください!
唯一の安全なサイトにアクセスしてください!
さようなら!

| | コメント (0)

2018.09.14

無事に届く

先月末、ネット通販した商品が、2週間後に届いた。
個別番号がわかっていたので、時々追跡していたのだが、どうやら主に関西方面を直撃した台風の影響らしかった。
その荒波を乗り越えた後で、もしかすると北海道での地震が影響したかもしれない。

荷物が引き受けられて以降、もしかすると荷送り人に戻ってしまうのではないかと少しハラハラしたが、無事に届いて本当に良かった。

日本以外の国や地域では、郵便物や荷物が相手に届かないこともあるらしい。
今の所、私自身は何かが紛失したことは無かった気がする。
(誰かが送ってくれたのに、受け取っておらず、発送されたことを知らなければ、途中で無くなってもわからないけれど)

荷物も郵便も、絶対届く。
ここはそういう国、そういう地域で、ここに居られて本当にありがたい。

いつもありがとうございます。

| | コメント (0)

2018.09.13

情報が無い人々

近所に80歳前後のご夫婦が住んでいる。
停電が解消した後、たまたま奥様と話をする機会があった。

停電中はラジオを聞いていたという。
それでも、近所のどこに避難所があるか知らず、食料は地震前に買っておいたものを食べているという。
ローカルバスが一時期運休していて、ようやく再開されたことも知らなかった。

インターネットも使っていないとのことで、恐らく今は主にテレビから情報を入手しているようだ。
(新聞は購読しているか否か不明)

このご夫婦の所には、地震前のいつの日か、町内会かどこかから、「人が来た」とのことだが、地震後は誰も来ていないとのこと。
どうやら、独居老人の所へは、誰かしら役員等が時々見回りに行くらしいが、2人以上になると、見回りをしないらしい。

それって特に問題ないのか?
せめて両隣の「隣人」くらいは、声をかけてあげた方がいいのでは? と思うに至った。
近所を何となく見ていると、普段は離れた場所に住んでいる子供や孫が一時的に戻ってきたりしていた。
身内が遠く離れた場所に住んでいる人達は、そうはいかない。

近所に住む人達のことを、事細かに知っているわけではないけれど、高齢者のことは、何となく頭の隅に置いておいてもいいかな、と思う。
インターネットを使っていれば、壊れたガラスや瀬戸物の特別回収等、臨時的な情報が入手しやすい。
とは言え、ネットしていない人もいるし、全ての情報が回覧板で回ってくるとは限らないので、それなりに注意や配慮が必要だろう。

| | コメント (0)

2018.09.12

電気と水道

拙宅は約2日、停電になったが、上下水道は最初の地震以降、ずっと使用可能の状態。

日の出前に地震が起きた時、DIYで作った扉の無い固定していない棚から全て物が落ちて、大変なことになった。
ドライフルーツを洋酒に漬けた瓶が複数割れて、液体や固体が少し散乱した。

それらをよそに、とりあえず蝋燭に火を付け、18リットル入りの焼酎ボトルと二層式洗濯機に水をためた。
半年くらい前に断水になった時、上水道が使えなくなり、一時的にトイレの水を流せなくなったからだ。

万が一断水になっても、給水車が出るまでの間、飲み水があれば、何とかしのげる。
そうも思った。

水を保存した後で二度寝し、次に起きた時も上水道は使用可能で、普段通りの水圧で水が流れた。
断水になった時は、ある程度水を持っていて、調理が出来ても、「蛇口から出てくる水」が無いので、食品や使用した食器を洗うことが出来ない。
手を洗うのも少し面倒。

そういう経験と、2日近い停電を比較して、「どうしてもどちらか片方」と言われたら、水道が使える方がいいと思った。
朝が来れば明るくなるので、電気は何とかなるけれど、水だけは、雨を待つわけにもいかず、どうにもならない。

とは言え、間違い無く水道も電気も大切だ。

| | コメント (0)

2018.09.11

都市ガスとプロパンガス

拙宅を含む周辺地域は都市ガスのパイプラインが通っておらず、プロパンガスを使用している。
うちはコンベクションオーブンとガスコンロを使っていて、前者はコンセントが必要。
後者は電池で着火する。
そのため、停電中、コンベクションオーブンは使えなかったけれど、ガスコンロは使用出来た。

ガスコンロはかなり古く、電池ではなくコンセントを使うタイプだったらいいのに、と思ったこともある。
しかしながら、こんな風に停電になると、電気が使えなくなるので、電池式で良かったと、強く思った。

| | コメント (0)

2018.09.10

地震の爪痕

停電中は、信号機もダウンしていると聞いたし、ローカルバスも運休していたので、外出しなかった。

久しぶりに車で出かけると、行きつけのガソリンスタンドが品切れで閉店していた。
郵便局のATMは通常通り使用出来た。

スーパーを何軒か梯子すると、普段より早く閉店する旨、張り紙をしている店があった。
牛乳、豆乳、豆腐、納豆、お米が欠品中の店が多く、肉や魚も品数が少ないようだ。
パン不足という情報をネットで見かけた。

最初の大きな地震より前に流通してスーパーに入荷していた野菜や果物は通常通り、あるいは物によっては割引価格で販売されていた。

うちの愛車はガソリンが3分の1程度あり、まだゆとりがあるものの、単価が安いスタンドがいつ営業を再開するか不明なので、落ち着くまでの間は外出を控えようと思う。

| | コメント (0)

2018.09.09

それは携帯の電波に相違ない

半年くらい前から、毎日24時間、ほぼ一定の音量でブーンという音が拙宅内全室で聞こえる。

その音は、いつも北側から聞こえてくる。
低周波レベル計で拙宅内をあちこち測定すると、やはり北側の部屋の数値が高い。

地震の影響で停電していた約2日の間、ブーンという音は全く止まなかった。
近所の民家は太陽光発電をやっている家、エコキュートを設置している家も含めて、全家庭停電なのに、なぜブーンという音がするのか?

停電2日目の午後、ブーンという音が小さくなっていることに気付いた。
わざわざ耳を澄ませてみないと音が聞こえない。

試しにガラケーの電源を入れると、3本立つアンテナが、1本立ち、ようやく辛うじて2本目が立った。
つまりそれは、普段よりも電波が弱いことを意味している。

拙宅の北側にはドコモの携帯電話基地局がある。
停電中の日没後、試しにそこまで行ってみた。
敷地内に発電用の太陽光パネルは無く、発電しているような音も聞こえない。

となると、恐らく、停電までに蓄電していた電気を使って電磁波を発信しているのか?

停電が解消すると、再び近隣住宅から低周波騒音が出て、耳鳴りやブーン、キーンという音が強くなった。

| | コメント (0)

2018.09.08

星がとても綺麗だった

丸2日程停電だった。
日没後に近所の様子を見に行った。
街灯は全て消え、家々の窓も暗かった。

歩道で向こうから来た人とぶつかりそうになり、直前に気付いた。
誰かに鼻をつままれてもわからない程の闇だった。

見上げると、見た事がないくらい無数の星がきらめいていた。
星と言えば、小さかった頃、熱を出して、父に背負われて病院へ行った夜のことを思い出す。
あの時も頭上で星が綺麗だった。

| | コメント (0)

2018.09.01

思考を観察する

いつも鬱々とした気分で改善しない、と悩んでいる人がいる。
原因は様々だ。

目覚めてから眠りにつくまで、大抵何かを考えている。
何を考えるかは自由だ。
気分が落ち込むことでもいいし、逆に明るい気持ちになることでもいい。

毎日、時々自分の気分や考えていることを観察して、それが嫌なら違うことを考え、違う気分になる。

もちろん、悩み事の内容によっては、それを一日中考えざるを得なかったりもする。
一日どころか、悩みが解決するまで考え続ける必要があることも事実だ。

それでも、人は、自分の思考をコントロールできる。

食事中だけは考えない。
悩み事を思い出したら、「今はそれを考えない」、「それは後で考える」と宣言する。

たとえ深刻な悩み事があっても、一日中、あるいは毎日毎日考え続けず、それを考える時間を決めてしまえば、少しは楽になる。
まずは、毎日時々自分の思考と気持ちを観察することから始めましょう。

| | コメント (0)

2018.08.31

思考を変える

朝目が覚めた時から、夜眠ってしまうまでの間、思考は1本のロープのように途切れなく流れている。
たとえ静止したように見えても、その瞬間は非常に短い。
絶えず何かを考えている。

思考の一つの流れの先に、分岐点が複数あり、違う事を考えるのは自由だ。
けれども、悩み事があったり、強い印象を受けた否定的なことが頭にあると、そのことばかり考えてしまう。

ネガティブ思考にはまったまま、そこから抜け出せない。
まるで泥沼の中を、足を引きずりながらズルズル歩いているような気分。

そんな気分や、否定的なことばかり考えているのが嫌なら、違うことを考えればいい。
今考えていることと真逆のことを考える。

漫画雑誌を読んでいて、ある作品が面白くないと感じたら、それ以上読まずに違う作品を読む。
それと同じこと。
もちろん、「面白くないなぁ」と思いながら、「最後まで面白くないかどうか確かめよう」として読破するのもアリ。
「面白くないなぁ」にどれだけの時間を費やすかは自由だ。

| | コメント (0)

«電気と水道のスマートメーター