« 2019年9月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年10月

2019.10.23

肺炎に5泊6日で約20万払った

初診日の夜、薬を飲んで休んだものの、夜中に39度の熱が出た。
翌朝、採血の予約が入っていたし、体調不良だったので、受付が開く前に病院へ行った。
守衛さんしかいなかった。\(^o^)/

血液検査の結果、炎症を示す数値が昨日より少し上がっていたので、入院させてもらうことにした。
なぜなら、拙宅内は相変わらず近隣から低周波騒音が来ていて常時家鳴りがしていたし、そのせいで熟睡出来ないからだ。
なおかつ、食事の支度は自分でしなければならないから、安静にして早く健康を取り戻したければ、入院した方が良いだろうと判断した。

そんなわけで、最初から、良くならなければ入院させてもらうつもりでいたが、さすがに歯ブラシ等は用意していなかったし、病院の駐車場に車を置きっぱなしに出来ないので、一度自宅に帰り、友人にメールを書き、必要なものを揃えてバスで病院へ戻った。

その病院は何年か前に新築されており、病室は全て個室。
トイレがある部屋は個室料がかかる。
トイレが無い部屋は廊下へ一度出て共用のトイレを使う。
私の部屋はトイレがあり、洗面台と冷蔵庫、テレビがあった。
冷蔵庫とテレビは使わず、日中はサンルームの飲料水を飲んでいた。
トイレ無しの部屋が空いたら移動したいと伝えておいたが、移動することは無かった。

朝6時頃に看護士が排便の回数を聞きに来たり、採血したりして何となく目が覚める。
8時、12時、18時に食事。
21時消灯。
結局5泊6日で入院し、その間はテレビも見ず、ネットもせず、ただベッドに横たわって持参した本を読んだり眠ったりしていた。
毎日薬を飲み、点滴をし、「何度も針を刺すのは辛いだろう」との病院側の判断で、3日ほどプラスチック製の針を腕に刺しっぱなしにしていた。

ちなみに携帯は電源を切って自宅に置きっ放しだし、スマホは持っていないので、それらの煩わしさから解放されていた。
また、入院先を誰にも告げなかったので、見舞客が来ることは無く、それも快適だった。
病院食は非常に美味しかった。

当初、咳き込むと喉から気管にかけてが痛かったけれど、痛みは比較的早く無くなり、膿んだような水っぽい咳や鼻水も徐々に良くなった。

5泊6日で入院費が約20万。
国保で3割負担になり、6.7万円。
それに個室料と病衣賞与料で1.3万円。
全部で8万ちょっと払ったので、それだけでも驚いたが、国保に入っていなければ20万というのはもっと驚きだった。

退院から数日後のレントゲン検査で、肺に白い影が少しあったけれど、咳や鼻水がおさまって、平熱になっていたので、とりあえず治療終了となりました。
退院して約2週間たった今は、ごくたまに変な咳が出ますが、ほぼ平常運転に戻っています。

| | コメント (0)

2019.10.04

インフルエンザだと思ったら肺炎だったでござる

3日、膿んだような咳が出て、咳をすると喉が痛い。
夜遅くに検温すると、38.1度という見たことの無い数値が出た。

翌4日の午前中に受診。
問診と聴音器を使った診察で肺炎の疑い。
血液検査とインフルエンザ(鼻の穴に細い綿棒を突っ込む)の検査、そしてCTスキャンで肺の写真を撮る。
CTは巨大な白いドーナツの中に身体が入っていくような感じで、金属さえついていなければ、普段着と下着を装着したまま横たわっても構わなかった。

検査の結果、インフルエンザは陰性。
CTは、胸部の断面図を細かく取っていて、複数の場所で白い火花がスパークしているような影が見えた。
それが肺炎だった。
ネットで調べると、状態が悪ければ片肺が真っ白、ということもあるらしい。

血液検査は、炎症があると数値が増加するCRPの測定値が1.75。
これが20~30だったり、もっと高ければ入院した方がいいとのこと。
幸い、その数値は高いながら低めだったので、自宅療養決定。
翌5日午前中も受診し、検温と血液検査をすることになった。

診察後、ファーストシン静注用1gバックS 生理食塩液100ml付きを点滴。
抗生物質を含む複数の薬をもらって帰宅。
この点滴は、受けてから30分位で喉の痛みが緩和された。
でもまだ時々咳が出るし、熱は朝からずっと37.8度のままで寒気がする。

肺炎をググると、メジャーな死因の一つだったり、状況次第であっという間に悪化することもあるらしいとわかった。
風邪から肺炎になる人もいるそうです。
肺炎になったら、普段より水分を多めにとって、安静にするのが望ましいとか。
でもまた明日、9時前に病院へ行かないと……。

薬を飲み始めたし、肺炎だとわかったので、徐々に良くなるだろうとは思いますが、いつ改善するかは全く予測出来ません。
食欲は少しあって、食べられますが、熱のせいか、味が変です。

服薬名:
カロナール錠(アセトアミノフェン錠)
フスコデ配合錠(鎮咳配合剤)
ムコソルバンL錠(アンブロキソール塩酸塩徐放錠)
アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩錠)
ジスロマック錠(アジスロマイシン錠)

カロナールが、毎食後で1日3回5日分の他に、疼痛・発熱時にいつでも飲んでいい分を10回分もらいました。
熱のせいで寒気はするけど、耐えられなくはないので、食後の分だけで足りるかもしれません。
5日分処方されました。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2020年1月 »